bg
HOME » 

子供にも効果を望める視力回復テクニック

一度視力が落ちてしまうと、視力回復を図ることは容易ではありません。レーシック手術や視力回復コンタクトレンズといった治療法の開発・導入も進められてはいるものの、高額な費用がかかるうえに目を傷つけたり、裸眼視力の低下を悪化させたりというリスクも伴ってきます。しかし、それらの治療技術をなしにして、落ちた視力を回復する方法などあるのかと疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

視力回復テクニックの効果

レーシック手術や視力回復コンタクトレンズの使用によるリスクを避けた視力回復方法として、「「視力回復テクニック」」が挙げられます。視力回復テクニックは、「「目をつぶる」「文字を見つめる」といった簡単な動作を活用してのトレーニング」や「数秒でできる目のマッサージ」など、誰でも簡単に短時間で行うことができるため日常生活の中でも気軽に取り組むことができます。

実際のところ、視力回復テクニックにより視力回復を体感したという声も多く、短時間でできる簡単なテクニックだからといって効果が期待できないということはありません。効果の有無は個人によって差はあるものの、「目を傷めたり視力低下を悪化させたりというリスクがないうえ費用や時間もかからない」ため、一度試してみる価値は大いにあるでしょう。

人気の視力回復テクニック

高い効果が期待される人気の視力回復テクニックのキーワードとなるものが、「「外眼筋のトレーニング」「毛様体筋のトレーニング」「目の周囲の血行の良化」」です。

「外眼筋のトレーニング」では、眼球を動かすための筋肉である外眼筋を強化することにより目の周囲の血行を良化させ、「目への負担や疲労を取り除くことで視力回復」へと繋げます。「毛様体筋のトレーニング」では、「物を見るために大切な働きをする水晶体の調節機能を正常に働かせる」ため、毛様体筋の緊張をほぐし鍛えます。

「目の周囲の血行の良化」は、目の酷使により緊張した目の周りの筋肉をほぐし血行を良くすることで、「目の正常な働きを取り戻し」ます。この方法としては、蒸しタオルや温めた手のひらで目を覆う、目の周りのツボ押しマッサージなどが挙げられます。効果は一時的ではあるものの即効性があり、「継続することにより視力低下の悪化を防ぐ」働きが期待されます。

子供でもできる視力回復テクニック

子供の視力低下には、生活習慣が大きく関係しています。ゲーム・スマホ・本などを近くで見続けると目の筋肉が凝り固まり、「一時的な視力の低下状態(仮性近視または偽近視)」を引き起こします。長期間放っておくと状態が悪化してしまうため、「視力低下に気付いてからの早めの対処」が子供の視力回復を図るための大きなカギとなってきます。

簡単な動作のみで行える視力回復テクニックは、大人のみならず子供の視力回復にも効果的です。レーシック手術や視力回復コンタクトレンズでの治療を行うとなると、年齢が制限されるうえに安全性やリスクといった心配事から子供への使用をためらう保護者の方も多いことでしょう。しかし、視力回復テクニックは「簡単な指示に従うことができる年齢であれば誰でもでき、安全かつリスクも伴わない」ため子供でも安心して取り組むことが可能です。

口コミ上々の視力回復テクニック

先ほど紹介した3つの人気テクニックの中でも、効果があったと人々から評判の高い口コミを集めている方法が「外眼筋のトレーニング」です。文字だけを見ると難しい印象を受けますが、トレーニング方法はいたってシンプルです。

まずは、目を強くつぶった後に上を10秒見上げ、続けて下、右、左と繰り返します。次に、顔は固定したまま「∞」を描く指の先端を目だけで追います。最後に、指を奥から手前に3回動かし、同様に目で追います。トレーニングの最中は、「「見える」と脳に言い聞かせる脳のトレーニング」も忘れずに行いましょう。

テレビでも紹介されたこちらの方法は実践して効果がみられたという声も多く、また、一人ではもちろん親子で楽しみながら取り組むこともできるのでお勧めの視力回復テクニックです。

視力回復テクニックの人気ランキング

リスクを伴わず費用も時間もかからないとはいえ、いくつもの視力回復テクニックを試すとなるとストレスや疲労の原因となり、期待される効果も見られなくなってしまいます。高い効果が期待できる良質なテクニックを確認し、ストレスフリーで楽しみながら視力回復を図りましょう。

人気の高い視力回復テクニックを順に紹介すると、先ほど紹介した「外眼筋のトレーニング」に続き、「毛様体筋のトレーニング、血行良化のマッサージ、マジカルアイ」と続きます。

マジカルアイとは、「平面図を凝視し立体視して見ることで視力を回復させるトレーニング方法」です。目の焦点を画像よりも遠くで合わせるようにして見る「平行法」と画像の手前で交差させてみる「交差法」の2種類の見方があり、初心者の方には「平行法」が適しています。